すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護は人生の最終章を彩る!介護士、要介護者、在宅介護者の道はもちろんのこと、介護に関係ない道も介護につながる!このブログでイロトリドリな介護をサポートしていくことを目指しています!

イロトリドリの切り口で令和をきっといい時代にする介護ブログ!

「すべての道は介護に通ず」をテレビ番組風に紹介した記事です。 イロトリドリの内容で介護にまつわる介護につながる介護のための記事を書いています。読んでいただいた皆様の明日がきっといい日になるように・・・。

【認知症】医療とうまく付き合う介護の力で限界突破!

介護の「A to Z」。「D」はDementia(認知症)です。認知症ケアには医療的アプローチと介護的アプローチが必要です。とはいえ、これからは「介護」の力をフル活用していく必要があります。医療の力をうまく使いながら、「介護」の力を発揮できるのが認知症ケア…

リスクマネジメントの第一歩はミスが言える環境作りだ!

介護事故の報道が後を絶ちません。そんななかあるドラマを見て、介護現場にもある『僕たちがやりました』を『僕たちがやりかけました』で終わるような取り組みがないかと思い記事にしました。キーワードは『ミスが言える』ということです。

【居心地の良い空間作り】席位置の工夫から始める寝たきり防止策

対面に誰かがずっといるのは結構しんどいものです。そんな心理の影響を考えるようなことから環境のケアは始まります。居心地の良い空間作りから寝たきり防止につなげましょう!

山ちゃんと蒼井優の結婚に学ぶ「仕事に対する姿勢」論

南海キャンディーズ山里亮太と蒼井優が電撃結婚。結婚の理由の一つに挙げられた「仕事に対する姿勢」。お二人の結婚記者会見から考える介護の思想に必要なことをまとめました。

集団心理をも変える根回しネットワーク!

ビジネスにおいて重要な根回し。介護現場においても根回しは不可欠で、集団心理がはびこる介護現場の人間関係を変えることだってできるかもしれません。いや、経験則として可能です!

【ケアの標準化と画一化】やってみるケアでチームをまとめる方法

決めることを嫌がる介護士の本音を受け止めることができたら、次なるはケアの「標準化」と「画一化」の違いをしっかりと理解したうえで、「とりあえずやってみる」チーム作りをしていきます。目指せ!ケアの標準化!

【ケアの標準化の壁】ケアの統一を嫌がる理由とは?

介護は臨機応変に対応する力が必要?介護方法を決めたって統一なんか無理?決いちいち決めてたら決めたことしかできない介護士を育ててしまう? 決めることを嫌がる介護士の本音を受け止めることが「ケアの標準化」の第一歩です!

スポンサーリンク