すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事ー

 

【介護×○○】

【最大公約数】在宅介護の成功の秘訣はこの歌にある!

RADWIMPSの「最大公約数」を聴きながら考えた介護のこと。介護はチームでするもので意見の食い違いは日常茶飯事です。いちいち立ち止まっていては仕方なく最大公約数で少しずつ前を向いて歩く必要があるという記事です。この思想に在宅介護の成功の秘訣があ…

【コンプライアンス】吉本興業お家騒動に学ぶ介護ファーストの組織改革

吉本興業のお家騒動。皆様の所属する組織を見つめなおしたとき大なり小なり同じようなことが起きていませんか?これを機に、介護施設の膿も出し切り、介護ファーストの組織改革に乗り出してみましょう!

価値観のズレが起こす組織内地震!その実態と対策とは?

介護現場の価値観のズレはほおっておくと組織の崩壊につながります。それは大地震のメカニズムと似ています。介護×地震の思考から見えてきた介護現場の実態と組織内地震への対策についてまとめました。

【イジメ撲滅】悪質な噂を消す方法と噂の構図とよく似た介護現場の◯◯

介護現場に限らず「噂・陰口」はなかなか絶えません。悪質であればそれはイジメです。噂を撲滅した実践例の紹介とともに、噂の構図とよく似た介護場面で起きていることを取り上げてみました。必見です!

サルは脱走?認知症は離設?自由になれた気がする防止策を教えます!

相次ぐサルの脱走。脱走という言葉は受刑者等にも使われています。一方、介護では「離設」という言葉が使われます。「脱走」と「離設」の違いは何なのか?尾崎豊の「15の夜」をヒントに離設防止策を考えてみました。

謎解きを楽しむ認知症ケア!朝の◯◯が脳の働きを良くしていた!

認知症ケアの醍醐味は謎解きにあります。二つの実際にあった事例をもとに謎解きの面白さを感じていただければと思います。今回の謎解きテーマは「朝」です。「朝」が脳にもたらしうる可能性についても書いています。

リスクマネジメントの第一歩はミスが言える環境作りだ!

介護事故の報道が後を絶ちません。そんななかあるドラマを見て、介護現場にもある『僕たちがやりました』を『僕たちがやりかけました』で終わるような取り組みがないかと思い記事にしました。キーワードは『ミスが言える』ということです。

山ちゃんと蒼井優の結婚に学ぶ「仕事に対する姿勢」論

南海キャンディーズ山里亮太と蒼井優が電撃結婚。結婚の理由の一つに挙げられた「仕事に対する姿勢」。お二人の結婚記者会見から考える介護の思想に必要なことをまとめました。

【認知症】ちゃんと覚えている家族との記憶

Mr.Childrenの名曲「あんまり覚えてないや」。この歌を通じて認知症の方の「ちゃんと覚えている」家族の記憶に思いを馳せてみました。

イチロー筋肉理論に学ぶ!やりすぎ介護は人間のセンサーを奪う!

イチロー選手の筋肉についての考え方は介護にも通ずる話だった! 筋肉の鍛えすぎも介護のし過ぎもヒトの本来の動きを無駄にしてしまうということを記事にしています。

ニッチな介護で老後は安心できるビジネスを想像する

ビジネスシーンでニッチという言葉をよく聞きます。介護業界にあるニッチなことを想像してみました。思ったことを書いてみることで見えてくるビジネスがあるはずです。ニッチを妄想して介護の常識を変えましょう!

自分を守る!これからの福祉に必要な二つの思考の共存社会

福祉職の人に多いメサイアコンプレックス。人を助けたい気持ちが大切な仕事なので、その気持ちをしんどい思いをすることなく発揮できれば言うことありません。「自分を守る「人を助ける」、この二つの視点で福祉業界のいまを見つめなおした記事です。

そのアセスメントは間違いです!レッテルを剥がしてケアを変える!

介護場面におけるレッテル貼り。無意識にそんな間違ったアセスメントが初回から行われることもあります。レッテル貼りをなくしてケアを変えるきっかけにしましょう!

映画「老人Z」から考える介護ロボットとスマート介護士の未来

介護業界に介護ロボットが導入される日も近いかもしれません。賛否両論あるなかで、ドラえもんに頼るのび太のような介護業界になってしまっては終わりです。あくまで主体は利用者であり介護士で、ロボットは選択肢の一つとなることを望んでいます。

介護に音楽を!レクで盛り上がる古賀メロディと氷川きよし

介護に音楽は欠かせません。平成も終わろうとしている今、忘れ去られようとしている昭和も含めての音楽において、今の介護における鉄板をご紹介します。

介護への興味関心を広げて地域資源発掘&人材確保チャレンジBLOG!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「要介護者とその家族の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

要介護者とその家族とサービス提供者が共存できるコネクトBLOG!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「要介護者とその家族の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

背伸びしない介護士のイメージアップBLOGで未来を少しだけ変える!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「介護士の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

「脳みそ」の機能から考える子育てと介護と人材育成

竹山美奈子氏の絵本「すずちゃんののうみそ」についてNHKが取り上げていた特集を見て感じたこと。「のうみそ」の理解はとても大切であることは介護も同じ。イヤ。全人類にとって大切なことだと思い記事にしました。

現状維持で十分な介護士のやる気スイッチはココ!

やる気スイッチに資するガイドライン風記事の第4弾です。現状維持で十分な介護士さんのやる気スイッチ。人事制度の整備は必要ではありますが、ちょっとしたチームマネジメントで変わることがあります。

こんな施設はイヤ!利用者も介護士も選ぶ権利がある!

昔の施設はこんな実態が多く見受けられました。時代も変わりケアの質は高まっているもののまだまだの施設もあるようです。20年ほど前のケアを副音声でお届けしながら、こんな施設にならないように気を付けるための記事です。

【比喩力】たとえ上手でコーチング実践!追い詰めないリーダー育成!

比喩力を使うと、相手が嫌な思いになりそうなことでも不快な気持ちにさせずに指導ができることがあります。「スーパーサイヤ人」は今回たまたま使った比喩です。人材育成の引き出しを増やすための記事です。

休みがとれたら頑張れる介護士のやる気スイッチはココ!

やる気スイッチに資するガイドライン風記事の第3弾です。休みがとりたいけどとれずにやる気が低下している介護士さんのやる気スイッチ。ちょっとした管理者やリーダーの気遣いで変わることがあります。

お手軽に元気になれちゃうトイレでちょっとリハビリ3選

トイレでリハビリ。ユーモア重視で記事を書いているので、実際は使い難いものもあるかもしれません(笑)ただ、考え方としては使える3選だと思います。ぜいひともご活用ください!

超イチ流から考える介護の未来を変える方法

イチロー選手の引退会見を見ながら、介護業界と重ね合わせて考えたことを記事にしました。介護業界をも変えるかもしれないイチロー選手の影響力。そんな願いを込めて記事を書きました。

やりがいを見失った介護士のやる気スイッチはココ!

やる気スイッチに資するガイドライン風記事の第2弾です。やりがいを見失った介護士さんのやる気スイッチ。ちょっとした管理者やリーダーの気遣いで変わることがあります。

収入への不満がある介護士のやる気スイッチはココ!

やる気スイッチに資するガイドライン風記事の第1弾です。収入への不満がありやる気が低下している介護士さんのやる気スイッチ。ちょっとした管理者やリーダーの気遣いで変わることがあります。

【認知症ケア】『ただいま』と『おかえり』で居場所の演出

家庭にある落ち着く言葉。「ただいま」と「おかえり」。この言葉を使って認知症ケアが展開できる。認知症の方にここが居場所であることを伝えるテクニックの一つがここにある。

生産性向上のためのやる気スイッチはどこにある?

この記事のきっかけは子どもにあげた「マカロン」。ちょうどその頃、厚生労働省から「生産性向上のためのガイドライン」が出されました。生産性向上のための介護士のやる気スイッチをまとめています。

モラルに反する本音の時間がモラル低下を防ぐ!

この記事のきっかけはBOOWYの「MORAL」です。人の不幸は蜜の味と言いますが、この歌にも「人の不幸は大好き」とあります。そんなモラルの話から、介護の現実と理想の相互点検について記事にしました。

スポンサーリンク