すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

【介護×○○】

台風!大雪!デイサービス休業の判断基準は?警報が出たら休むべき!

デイサービスは台風や大雪の際、どの程度であれば休業すべきでしょうか?警報が出たら休んでもいいのか?その考え方についてまとめています。

【自分のため⇔誰かのため】つながる二つの思考で介護する!

自分を大切にする生き方が主流となっています。そのこと自体はいいことですが、極端な思考になっているとしたら黄信号です。「自分のため」「誰かのため」の両軸の思考をバランスよく保つことが必要です。Mr.Children「タガタメ」を通じてこのことを考え記事…

【林修先生の名言につながる排泄ケア】トイレいつ行くの?今でしょ!

トイレに行きたくない「今」を行きたい「今」に変えるちょっとした声かけのテクニックをご紹介します。林修先生の名言「今でしょ!」ぐらい力強く「今」に意識を向ける声かけは、やっぱりシンプルなものでした。

介護現場の辛い人間関係を改善する方法『相手の事情を考えよう!』

今井大輔さんの「古都こと」という漫画があります。男と女の二つの視点で同じ時間軸で進んでいく二つのストーリー。相手の事情がよく見えてきます。相手の事情を考えるには最適のこの漫画を介護現場の人間関係の改善に生かしてみましょう!

【4次元カイゴ】できる有能なプロ介護士が持つべき4つの視点

介護の考え方として「4次元カイゴ」をここに提案します!「4次元」というものを改めて分かりやすく理解し直したうえで、そこから新たな介護の思想を導き出しました!これからの時代の介護は「4次元カイゴ」だ!

グーグル検索トレンドが介護につながる!【介護漫才】

介護漫才です!今回のネタは150記事達成記念で「介護×◯◯」がテーマです。どんなことも介護に通ずるということで、思わぬ切り口から思わぬ介護観が生まれたりもするもので、そんなことをグーグル検索トレンドをもとに介護漫才でやってみました。

【敬老の日のプレゼント】贈り物に悩まれたら「福」を贈ろう!

敬老の日の贈り物は皆様悩まれることと思います。介護施設に入居されている家族に贈るプレゼントをお考えながらこの記事を参考にしてください。もちろん在宅中の方も参考にしてもらえたらと思います。

【在宅介護】訪問・通い・宿泊?あなたの専門性が発揮できるのはどの介護?

事業形態によって全く異なる介護の仕事。その専門性も多様です。「介護×物語×舞台」をテーマにして、在宅介護の「訪問・通い・宿泊」の3つの偉業の介護についての専門性をまとめました。

介護のプロフェッショナルの多様性を知れば自分に合った職場が見つかる!

介護のプロフェッショナルとは?実は事業形態によって全く異なる介護の仕事。その専門性も多様です。まずは、その概要について、「介護×物語×舞台」をテーマにして、介護士のあり方を舞台ごとにまとめました。

介護につながる小さな引き出しvol.2『宇宙と起き上がりこぼし』

「介護につながる小さな引き出し」。それは、介護の枠の外側で考えたことが介護につながっていく妄想が生んだものです。「介護×◯◯」の小ネタ集第2弾です(^_^;)

介護につながる小さな引き出しvol.1「折り紙と信号機」

「介護につながる小さな引き出し」。それは、介護の枠の外側で考えたことが介護につながっていく妄想が生んだものです。「介護×◯◯」の小ネタ集です(^_^;)

正論は嫌われる!頭のいい人がとぼける技術で問題解決する方法

シェイクスピアの名言から賢く問題解決する方法を導き出しました。それは「とぼける」ということ。認知症ケアにも自然と使われるこの技術はチームマネジメントの有効です。ついでに正論で正面突破することが何故いけないのかについてもまとめています。

【最大公約数】在宅介護の成功の秘訣はこの歌にある!

RADWIMPSの「最大公約数」を聴きながら考えた介護のこと。介護はチームでするもので意見の食い違いは日常茶飯事です。いちいち立ち止まっていては仕方なく最大公約数で少しずつ前を向いて歩く必要があるという記事です。この思想に在宅介護の成功の秘訣があ…

【コンプライアンス】吉本興業お家騒動に学ぶ介護ファーストの組織改革

吉本興業のお家騒動。皆様の所属する組織を見つめなおしたとき大なり小なり同じようなことが起きていませんか?これを機に、介護施設の膿も出し切り、介護ファーストの組織改革に乗り出してみましょう!

価値観のズレが起こす介護現場の組織内地震!その実態と対策とは?

介護現場の価値観のズレはほおっておくと組織の崩壊につながります。それは大地震のメカニズムと似ています。介護×地震の思考から見えてきた介護現場の実態と組織内地震への対策についてまとめました。

【イジメ撲滅】悪質な噂を消す方法と噂の構図とよく似た介護現場の◯◯

介護現場に限らず「噂・陰口」はなかなか絶えません。悪質であればそれはイジメです。噂を撲滅した実践例の紹介とともに、噂の構図とよく似た介護場面で起きていることを取り上げてみました。必見です!

サルは脱走?認知症は離設?自由になれた気がする防止策を教えます!

相次ぐサルの脱走。脱走という言葉は受刑者等にも使われています。一方、介護では「離設」という言葉が使われます。「脱走」と「離設」の違いは何なのか?尾崎豊の「15の夜」をヒントに離設防止策を考えてみました。

謎解きを楽しむ認知症ケア!朝の◯◯が脳の働きを良くしていた!

認知症ケアの醍醐味は謎解きにあります。二つの実際にあった事例をもとに謎解きの面白さを感じていただければと思います。今回の謎解きテーマは「朝」です。「朝」が脳にもたらしうる可能性についても書いています。

リスクマネジメントの第一歩はミスが言える環境作りだ!

介護事故の報道が後を絶ちません。そんななかあるドラマを見て、介護現場にもある『僕たちがやりました』を『僕たちがやりかけました』で終わるような取り組みがないかと思い記事にしました。キーワードは『ミスが言える』ということです。

山ちゃんと蒼井優の結婚に学ぶ「仕事に対する姿勢」論

南海キャンディーズ山里亮太と蒼井優が電撃結婚。結婚の理由の一つに挙げられた「仕事に対する姿勢」。お二人の結婚記者会見から考える介護の思想に必要なことをまとめました。

【認知症】ちゃんと覚えている家族との記憶

Mr.Childrenの名曲「あんまり覚えてないや」。この歌を通じて認知症の方の「ちゃんと覚えている」家族の記憶に思いを馳せてみました。

イチロー筋肉理論に学ぶ!やりすぎ介護は人間のセンサーを奪う!

イチロー選手の筋肉についての考え方は介護にも通ずる話だった! 筋肉の鍛えすぎも介護のし過ぎもヒトの本来の動きを無駄にしてしまうということを記事にしています。

ニッチな介護で老後は安心できるビジネスを想像する

ビジネスシーンでニッチという言葉をよく聞きます。介護業界にあるニッチなことを想像してみました。思ったことを書いてみることで見えてくるビジネスがあるはずです。ニッチを妄想して介護の常識を変えましょう!

自分を守る!これからの福祉に必要な二つの思考の共存社会

福祉職の人に多いメサイアコンプレックス。人を助けたい気持ちが大切な仕事なので、その気持ちをしんどい思いをすることなく発揮できれば言うことありません。「自分を守る「人を助ける」、この二つの視点で福祉業界のいまを見つめなおした記事です。

そのアセスメントは間違いです!レッテルを剥がしてケアを変える!

介護場面におけるレッテル貼り。無意識にそんな間違ったアセスメントが初回から行われることもあります。レッテル貼りをなくしてケアを変えるきっかけにしましょう!

映画「老人Z」から考える介護ロボットとスマート介護士の未来

介護業界に介護ロボットが導入される日も近いかもしれません。賛否両論あるなかで、ドラえもんに頼るのび太のような介護業界になってしまっては終わりです。あくまで主体は利用者であり介護士で、ロボットは選択肢の一つとなることを望んでいます。

介護に音楽を!レクで盛り上がる古賀メロディと氷川きよし

介護に音楽は欠かせません。平成も終わろうとしている今、忘れ去られようとしている昭和も含めての音楽において、今の介護における鉄板をご紹介します。

介護への興味関心を広げて地域資源発掘&人材確保チャレンジBLOG!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「要介護者とその家族の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

要介護者とその家族とサービス提供者が共存できるコネクトBLOG!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「要介護者とその家族の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

背伸びしない介護士のイメージアップBLOGで未来を少しだけ変える!

本ブログが目指す「介護につながるすべての道」のサポートについてまとめています。「介護士の道」のサポートについてまとめた記事です。 本ブログは世界の片隅のちっちゃいアクションです。

ーおすすめ記事その2ー

 

スポンサーリンク