すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

【介護のタンス】

Twitterの「#介護にまつわる小さな引き出し」でツイートした内容に解説を加えた記事です。介護にまつわる実践のなかで見いだしたより介護がよくなる方法をまとめています。

【減薬大作戦!】認知症のBPSDへの医療的アプローチにおける介護士の役割

認知症のBPSDに対して医療的アプローチする時は、介護士の報告から始まります。介護士がちゃんと観察し報告することが大切なわけですが、それだけで上手くいくほど簡単ではありません。医療職は「クセがスゴイ!」と割り切って報告するスキルをまとめました。

【医療モデルと生活モデルの違い】介護の専門性は星の数ほどある!

介護には医療的アプローチも必要ですが、やはり介護的アプローチで勝負したいところです。「医療モデル」と「生活モデル」の違いを知って、介護士のやるべきことをしっかりと押さえておきましょう!介護の専門性についての私なりの答えをまとめました。

認知症ケアは定番の「つかみ」で関係を作ろう!

漫才で使われる「つかみ」。利用者さんウケする「つかみ」を手にして、認知症ケアにおける関係作りに役立てましょう!意外と使える介護技術(?)です。

自己中心的な人に振り回されずに「不平等社会」を良くする方法!

介護現場で自己中心的でわがままな利用者さんっておられますよね?そんなとき職員は冷静になって状況を見つめなおしましょう。意外とどんな「社会」もそんなものであると捉えることで「社会」は変わり得ます。さらに「社会」を良くしたいのなら、小さな「特…

【林修先生の名言につながる排泄ケア】トイレいつ行くの?今でしょ!

トイレに行きたくない「今」を行きたい「今」に変えるちょっとした声かけのテクニックをご紹介します。林修先生の名言「今でしょ!」ぐらい力強く「今」に意識を向ける声かけは、やっぱりシンプルなものでした。

【失敗談】笑いも介護も万人受けしないから引き出しを増やそう!

笑いは万能ではありません。私のしょーもない失敗談をもとに、万能ではないいろんなことについて考え、介護もまた万能ではないことに気づきましょう!そして、引き出しを増やすきっかけにしましょう!

プロは介護を怖がっている!デイの送迎業務から考えるプロ意識

フットワークよくどんな介護もやってしまうのが介護のプロなのか?…違います!本当の介護のプロは介護を怖がっています。特に怖がるべきはデイの送迎業務です。デイの送迎業務から介護のプロ意識について考えてみました。

活動がアップするための前傾姿勢作りのちょっとした工夫2選!

活動アップするためには前傾姿勢が欠かせません。そのことを意識しているとちょっとしたことが大切であることに気づきます。今回の記事では前傾姿勢にこだわるためのちょっとした意識の持ちようについて書いています。

【質問スキル】聞きにくいことをうまく聞き出す排せつアセスメント

排泄ケアの質を高めるためにはアセスメント力が必要となります。排せつは特に聞き取りにくいものであることから、ちゃんとアセスメントしようと思えば高度な質問スキルが求められます。この記事では排せつアセスメントに使える質問スキルを紹介しています。

認知症の方の最新の排せつケアは紙(神)頼みだ!

認知症の方の排泄ケアにおいてとても有効なトイレ誘導の工夫を紹介します。万能ではないかもしれませんが、どこかの誰かには役立つ方法です!テーマは「紙」。ある心理的効果もあるかもしれない神技です。

介助が上手くいかない人が考えるべきタイミングとベクトル

介助がなかなかうまくいかないという人のためにポイントを二つだけ教えます。それは「タイミング」と「ベクトル」を考えることです。「ベクトル」は方向を合わせて力の「大きさ」は最小限を心がけましょう!

【衛生管理】歯ブラシとコップを清潔に!洗面台前でのケアの見直しと環境整備

コップのなかに歯ブラシを立てかけてたらコップの底がヌルヌルになっていることありませんか?歯ブラシとコップを清潔に管理する方法にとどまらず、洗面台周りの衛生管理方法まで話を広げ、洗面台前でのケアの見直しにまで話が及んでしまった記事です。

ファシリテーターを上回る書記の存在で決戦の会議を手玉に取る方法

介護現場の会議って進めるの大変ですよね(^_^;)そもそもファシリテーターって難しいんです。ファシリテーションが大切なことは言うまでもないのですが、ここはいったん書記の力を使ってみましょう!書記の有効活用について書いています。

「分かりやすい」表現や記録をするためのポイント~専門用語の枠を超えて~

どんな仕事もですが、専門用語は欠かせません。横文字も増えてきています。介護もまた分かりにくい専門用語は多く、相手がお年寄りであることから専門用語以上に配慮が必要はことが多いです。そのために必要なのは・・・「お年寄りマニア」になるということ?

リスクを背負わないファーストペンギンの力で介護現場を変えよう!

介護業界・介護現場を変えるためにはファーストペンギンの存在が欠かせません。本来リスクを背負うファーストペンギンですが、介護現場の変革においてはリスクは最小限にする環境作りが必要不可欠です!

【脱水・熱中症対策】水分補給の工夫で健康を守る方法4選!

暑い季節、介護場面においても水分補給は欠かせません。とはいえ、強制的に水分を摂ってもらうわけにはいかず、そこには個別にアセスメントしたうえでのケアの工夫が必要となります。 ここに実践的なアイデアを掲載しています!

【歩行困難】認知症の転倒リスクは「安心⇒安全」の視点が欠かせない!

認知症で危ないのに一人で歩いてしまわれる方・・・介護をしていて一番多いヒヤリハットであり事故だと思います。実際に有効であった転倒事故防止策の考え方をまとめました。

立ちションにこだわる最新介護情報!座りションに移行する前にやるべきこと!

介護における男性の方の排尿においては立ちションが主流です。老化と共に立ちションも困難になっていくことがありますが、出来る限り立ちションを支援したいものです。立ちションに困られている方、一読してください!

施設のなかに「地域」を描く超レアな実践例を紹介します!

施設のなかを「地域」として捉えた場合に新たな世界が見えてきます。普段しているケアも捉え方が分かってくるはずです。捉え方が変われば、ケアが変わる!そんな実践例を紹介します。

回想法を取り入れたレク『恋人選び』のポイントと進め方

回想法を取り入れたレクリエーションを紹介します。ユーモアも交えながら、レクの前後も楽しむとより効果的です。

【居心地の良い空間作り】席位置の工夫から始める寝たきり防止策

対面に誰かがずっといるのは結構しんどいものです。そんな心理の影響を考えるようなことから環境のケアは始まります。居心地の良い空間作りから寝たきり防止につなげましょう!

【ケアの標準化と画一化】やってみるケアでチームをまとめる方法

決めることを嫌がる介護士の本音を受け止めることができたら、次なるはケアの「標準化」と「画一化」の違いをしっかりと理解したうえで、「とりあえずやってみる」チーム作りをしていきます。目指せ!ケアの標準化!

【ケアの標準化の壁】ケアの統一を嫌がる理由とは?

介護は臨機応変に対応する力が必要?介護方法を決めたって統一なんか無理?決いちいち決めてたら決めたことしかできない介護士を育ててしまう? 決めることを嫌がる介護士の本音を受け止めることが「ケアの標準化」の第一歩です!

座位での活動アップを狙うならコレ!テーブル・イスの合わせ方教えます!

座位での活動アップする方法はテーブルとイスにあります。高さを変えるだけで活動性に変化が生まれます。環境から始めるケアを始めましょう。

最新の認知症介護!波長合わせで世界に飛び込むファンタジー療法

認知症ケアの新手法シリーズその2。ユマニチュードやバリデーション等の認知症ケアの手法とは一線を画した完全オリジナルの認知症ケアの新機軸! 認知症の世界に入り込むケアをご紹介します。

介護は共同作業!『ありがとう!』が言える介護を!

介護は共同作業なのです。介護士に「優しさ」は必要ですが、どういう「優しさ」が必要なのかを実体験のエピソードをもとにまとめました。「ありがとう」が言える介護とは??

【質問力】たった一言で気づきを奪う2つの心理行動を改善!

紙パンツの更新頻度についての一考察の第2弾の記事です。たかが紙パンツされど紙パンツと捉え、紙パンツから介護を変える方法を記事にしています。

たかが紙パンツで価値観を理解し合いチームケアにつなげる方法

紙パンツの更新頻度についての一考察の第1弾の記事です。たかが紙パンツされど紙パンツと捉え、紙パンツから介護を変えるきっかけを記事にしています。

認知症でも家族のことを忘れない対応とは?

認知症になったらいずれ家族のことも分からなくなる…。そんな悲しい現実で一筋の希望の光が射せばと思い記事にしました。いずれにせよいつまでも家族であることは変わりません。

看取りを意識して家族を巻き込む支援!たかが電話☎️

どうも、YO-PRINCE です。 Twitterでツイートした『#介護にまつわる小さな引き出し』を解説する『介護のタンス』シリーズです。 今回は 特養で家族に電話したがる認知症の利用者さんと関わりたがらない家族。施設側でなんとかなったとしても、家族に頼ることも意…

スポンサーリンク

ーおすすめ記事その2ー