すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事ー

 

【介護のA to Z】

ザブングルが介護ボランティア?『エンターテイメントとしての介護』を再考する

介護の「A to Z」。「E」はEntertainer(エンターテイナー)です。闇営業問題で謹慎中のザブングルが介護施設にボランティアに行くことが決まったことで賛否両論あるようです。エンターテイナーは介護に向いていると安易に言ってはいけないような気がして、「…

【認知症】医療とうまく付き合う介護の力で限界突破!

介護の「A to Z」。「D」はDementia(認知症)です。認知症ケアには医療的アプローチと介護的アプローチが必要です。とはいえ、これからは「介護」の力をフル活用していく必要があります。医療の力をうまく使いながら、「介護」の力を発揮できるのが認知症ケア…

【生活重視】サルでも分かるケアプランでチームを動かす!

介護の「A to Z」。「C」はCARE PLAN(ケアプラン)です。ケアプランは分かりやすさが命です。利用者や家族が見てその気になり、サービス事業所が通所介護計画書等を作りやすくなりれば、その時初めてチームが動き始めます!

高齢者もオフロスキー!入浴は3A(安全・安心・安楽)を意識する!

介護の「A to Z」。「B」はBath(お風呂)です。日本人にとってお風呂は欠かせません。高齢者にとってもそれは同じことです。とはいえ、介護場面で最も危険な入浴はそこだけ考えても配慮すべきことが盛りだくさんです。「安全・安心・安楽」の3Aを大切にし…

生活・ケア・チームを変える多職種連携アセスメント!

介護の「A to Z」。Aはアセスメントです。アセスメントがどんなふうにして行われているかを俯瞰して見つめなおしてみました。多職種連携でそれぞれのアセスメントがうまくつがればスゴイ力になると思います。

介護のA to Z!あなたもコレで思考を整理できる!

介護の「A to Z」。介護のすべてが分かるような「A to Z」を自分なりに整理してみました。思考を整理するにはいい方法だと思います。皆様もぜひやってみてください!

スポンサーリンク