すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

介護の思想

個別ケアの限界!老人ホームが「家」になりきれない理由【介護漫才】

「介護漫才」です。今回の漫才は「老人ホームは家?」がテーマです。老人ホームは利用者にとっては住処であり「家」です。ところが「家」でできていたことは老人ホームではかなり制限されることになります。それはなぜか?漫才なのでふざけていますが参考に…

虐待から職員を守る方法!介護現場の闇を照らし続ける光となれ!

KingGnuの「白日」という曲から、介護現場の闇について考えてみました。見えてきたことは高齢者虐待から職員を守る方法です。介護現場にはびこる無自覚の罪。一見どうしようもない「闇」を照らし続けることが虐待から職員を守る第一歩なのです。

【高齢者の笑いのツボ】楽しい嬉しい面白いを使い分けよう!

令和2年初記事です。映画「パッチアダムス」をもとに介護現場の「笑い」について深堀りしました。「笑い」の種類を理解して使い分けることができれば介護現場はもっと「笑い」にあふれるはずです!

介護って何?おかんはどこまでする?【ミルクボーイ風介護漫才】

「介護漫才」です。今回の漫才はM1グランプリ2019で優勝したミルクボーイ風に「介護とは何か?」について考えました。コーンフレークがバカ売れしたように介護がバカ注目されることを目指しています。

みんなちがってみんないい?違うと同じを意識した人材育成と組織作り!

今の「個」の時代を象徴する「みんなちがってみんないい」という言葉。組織のなかではなかなかそぐわないことが多いと思います。みんな「違う」けど、みんな「同じ」組織の一員だからです。「違う」と「同じ」を考えることで見えてくる介護経営のあり方につ…

介護を誰でもできる仕事にする方法とは?まずは基本知識を意識しろ!

認知症ケアで言えば、短期記憶障害についての知識は『基本知識』です。この『基本知識』を『意識』するということは実は意外とできていません。これができたら介護を「誰でもできる仕事」にすることができる!…かも!?

決めつけゼロで少数派も意見できる職場作り!映画『十二人の怒れる男』から学ぶ介護!

今回の記事は「介護×十二人の怒れる男』です。この映画の議論のあり方は今の介護現場に欠かせないものです。思想が偏りがちな介護現場で『十二人の怒れる男』の無罪を主張する男のような存在が必要なわけです。とはいえ、それはかなり勇気がいるので、まずは…

【ちゃん付禁止】介護施設での接遇が丁寧であるべき理由

介護施設での名前の呼び方。苗字なのか名前なのか、それとも昔なじみの呼び方なのか。仕事としてみるのか、日常としてみるのか。多様な視点が介護には求められます。私なりの考えを私の経験則としてまとめました。

【子どもに伝えたい誇れる介護】パパのしごとはヒーローです!

絵本「パパのしごとはわるものです」を読みました。泣きそうになってよみながら私自身の介護の仕事のことを考えていました。子どもに誇れる仕事なのだろうかと…。堂々と言いましょう!パパのしごとはヒーローです!

【医療モデルと生活モデルの違い】介護の専門性は星の数ほどある!

介護には医療的アプローチも必要ですが、やはり介護的アプローチで勝負したいところです。「医療モデル」と「生活モデル」の違いを知って、介護士のやるべきことをしっかりと押さえておきましょう!介護の専門性についての私なりの答えをまとめました。

身体拘束ゼロにしてみる取り組みと忘れちゃいけない生活の視点

クローズアップ現代+で取り上げられたテーマ「身体拘束」。今に始まったことではなく介護現場ではずっと悩み多き課題の一つです。20年間の経験のなかで感じてきたことと、そのなかで得た身体拘束ゼロの取り組みの視点を記事にしました。

高齢者虐待の芽を摘む!不適切ケアを考える!【介護漫才】

介護漫才です!「虐待の芽・不適切ケア」がテーマです。高齢者虐待は、その多くがその当事者は虐待とは思っていません。知識がなく普通のことだと思っていたり、それが面白いことと思ってしまっていたり。漫才を通して虐待について見つめなおしてもらえたら…

台風!大雪!デイサービス休業の判断基準は?警報が出たら休むべき!

デイサービスは台風や大雪の際、どの程度であれば休業すべきでしょうか?警報が出たら休んでもいいのか?その考え方についてまとめています。

【自分のため⇔誰かのため】つながる二つの思考で介護する!

自分を大切にする生き方が主流となっています。そのこと自体はいいことですが、極端な思考になっているとしたら黄信号です。「自分のため」「誰かのため」の両軸の思考をバランスよく保つことが必要です。Mr.Children「タガタメ」を通じてこのことを考え記事…

自己中心的な人に振り回されずに「不平等社会」を良くする方法!

介護現場で自己中心的でわがままな利用者さんっておられますよね?そんなとき職員は冷静になって状況を見つめなおしましょう。意外とどんな「社会」もそんなものであると捉えることで「社会」は変わり得ます。さらに「社会」を良くしたいのなら、小さな「特…

【失敗談】笑いも介護も万人受けしないから引き出しを増やそう!

笑いは万能ではありません。私のしょーもない失敗談をもとに、万能ではないいろんなことについて考え、介護もまた万能ではないことに気づきましょう!そして、引き出しを増やすきっかけにしましょう!

【4次元カイゴ】できる有能なプロ介護士が持つべき4つの視点

介護の考え方として「4次元カイゴ」をここに提案します!「4次元」というものを改めて分かりやすく理解し直したうえで、そこから新たな介護の思想を導き出しました!これからの時代の介護は「4次元カイゴ」だ!

【在宅介護】訪問・通い・宿泊?あなたの専門性が発揮できるのはどの介護?

事業形態によって全く異なる介護の仕事。その専門性も多様です。「介護×物語×舞台」をテーマにして、在宅介護の「訪問・通い・宿泊」の3つの偉業の介護についての専門性をまとめました。

介護のプロフェッショナルの多様性を知れば自分に合った職場が見つかる!

介護のプロフェッショナルとは?実は事業形態によって全く異なる介護の仕事。その専門性も多様です。まずは、その概要について、「介護×物語×舞台」をテーマにして、介護士のあり方を舞台ごとにまとめました。

暮らしかるモダンな介護ブログとして再出発します!

令和元年9月、ブログタイトルのサブタイトルを「暮らしかるモダンなブログ」に変更しました。 その思いについて記事にまとめています。

介護につながる小さな引き出しvol.2『宇宙と起き上がりこぼし』

「介護につながる小さな引き出し」。それは、介護の枠の外側で考えたことが介護につながっていく妄想が生んだものです。「介護×◯◯」の小ネタ集第2弾です(^_^;)

介護につながる小さな引き出しvol.1「折り紙と信号機」

「介護につながる小さな引き出し」。それは、介護の枠の外側で考えたことが介護につながっていく妄想が生んだものです。「介護×◯◯」の小ネタ集です(^_^;)

【最大公約数】在宅介護の成功の秘訣はこの歌にある!

RADWIMPSの「最大公約数」を聴きながら考えた介護のこと。介護はチームでするもので意見の食い違いは日常茶飯事です。いちいち立ち止まっていては仕方なく最大公約数で少しずつ前を向いて歩く必要があるという記事です。この思想に在宅介護の成功の秘訣があ…

「分かりやすい」表現や記録をするためのポイント~専門用語の枠を超えて~

どんな仕事もですが、専門用語は欠かせません。横文字も増えてきています。介護もまた分かりにくい専門用語は多く、相手がお年寄りであることから専門用語以上に配慮が必要はことが多いです。そのために必要なのは・・・「お年寄りマニア」になるということ?

価値観のズレが起こす介護現場の組織内地震!その実態と対策とは?

介護現場の価値観のズレはほおっておくと組織の崩壊につながります。それは大地震のメカニズムと似ています。介護×地震の思考から見えてきた介護現場の実態と組織内地震への対策についてまとめました。

「徹子の部屋」に学ぶ介護士と利用者のあるべき距離感【介護漫才】

介護漫才です!今回のネタは「トイレの声かけとプライバシー配慮」と「介護士と利用者の距離感」がテーマです。たどり着いた答えは「徹子の部屋」に隠されていました。

立ちションにこだわる最新介護情報!座りションに移行する前にやるべきこと!

介護における男性の方の排尿においては立ちションが主流です。老化と共に立ちションも困難になっていくことがありますが、出来る限り立ちションを支援したいものです。立ちションに困られている方、一読してください!

ザブングルが介護ボランティア?『エンターテイメントとしての介護』を再考する

介護の「A to Z」。「E」はEntertainer(エンターテイナー)です。闇営業問題で謹慎中のザブングルが介護施設にボランティアに行くことが決まったことで賛否両論あるようです。エンターテイナーは介護に向いていると安易に言ってはいけないような気がして、「…

【イジメ撲滅】悪質な噂を消す方法と噂の構図とよく似た介護現場の◯◯

介護現場に限らず「噂・陰口」はなかなか絶えません。悪質であればそれはイジメです。噂を撲滅した実践例の紹介とともに、噂の構図とよく似た介護場面で起きていることを取り上げてみました。必見です!

施設のなかに「地域」を描く超レアな実践例を紹介します!

施設のなかを「地域」として捉えた場合に新たな世界が見えてきます。普段しているケアも捉え方が分かってくるはずです。捉え方が変われば、ケアが変わる!そんな実践例を紹介します。

スポンサーリンク

ーおすすめ記事その2ー