すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

介護経営

介護施設を経営していくうえでの必要な知識やノウハウを記事にしています。以下のカテゴリに分けて、経験則も踏まえて実践的な内容としていますので是非参考にしてください!

人材育成・組織マネジメント

業務改善・マニュアル

ショートステイ

通所介護

みんなちがってみんないい?違うと同じを意識した人材育成と組織作り!

今の「個」の時代を象徴する「みんなちがってみんないい」という言葉。組織のなかではなかなかそぐわないことが多いと思います。みんな「違う」けど、みんな「同じ」組織の一員だからです。「違う」と「同じ」を考えることで見えてくる介護経営のあり方につ…

介護を誰でもできる仕事にする方法とは?まずは基本知識を意識しろ!

認知症ケアで言えば、短期記憶障害についての知識は『基本知識』です。この『基本知識』を『意識』するということは実は意外とできていません。これができたら介護を「誰でもできる仕事」にすることができる!…かも!?

決めつけゼロで少数派も意見できる職場作り!映画『十二人の怒れる男』から学ぶ介護!

今回の記事は「介護×十二人の怒れる男』です。この映画の議論のあり方は今の介護現場に欠かせないものです。思想が偏りがちな介護現場で『十二人の怒れる男』の無罪を主張する男のような存在が必要なわけです。とはいえ、それはかなり勇気がいるので、まずは…

メラビアンの法則!非言語的コミュニケーションで介護する!【介護漫才】

介護漫才です!「メラビアンの法則」がテーマです。非言語的コミュニケーションで伝わることを意識していればより良い介護ができるはずです。せっかくいい介護をしていても「もったいない」ので、この漫才を機に見つめなおしてみましょう!

TTPより現実的な業務改善!介護現場でオススメのBBPの意識とは?

ビジネスでよく使われる『TTP』。介護現場でも使われることがあうようですが、経験的に難しさを感じています。そこで提案したいBBPの意識。できるだけハードルが低い業務改善を考えたいものですね!

緊急時は『そっと連携』!ホワイトボードミーティングでスキルを磨け!

実際の介護場面をもとに、「連携」について書きました。「そっと連携:です。緊急時の対応はどうしてもあせってしまいますが、チーム内の連携が高度になっていけば「そっと連携」ができるようになっておきたいものです。ホワイトボードを使って「そっと連携…

介護事故防止と交通事故防止に共通する3つの心得+α

介護事故と交通事故の防止策には共通点があります。共通した3つの心得をもとにぜひ事故ゼロを目指してください。加えて、「介護×車」の記事を二つご紹介します。介護は車から学ぶことが多いです!

【介護に集中できる方法】「ながら介護」を減らして事故を減らせ!

介護事故と交通事故の防止策には共通点があります。3つの心得をもとに記事を書きました。第3弾は「運転に集中!介護に集中!」です。どんなことも100%の集中というものは難しいものです。それでも「ながら運転」はダメですし、「ながら介護」もいけません!…

【安全確認を徹底する方法】かもしれない介護でヒヤリハットゲーム!

介護事故と交通事故の防止策には共通点があります。3つの心得をもとに記事を書きました。第2弾は「安全確認」です。交通事故も介護事故も「安全確認の徹底」ができたらかなりの事故をなくすことができます。この記事を読んで「安全確認」の意識を高めましょ…

【介護速度を控える方法】「速い」でなく「早い」を意識しよう!

介護事故と交通事故の防止策には共通点があります。3つの心得をもとに記事を書きました。第1弾は「速度」です。介護は「速さ」が求められがちですが、それは間違いです。「速い」を否定しても「早い」にすることができます!

【ちゃん付禁止】介護施設での接遇が丁寧であるべき理由

介護施設での名前の呼び方。苗字なのか名前なのか、それとも昔なじみの呼び方なのか。仕事としてみるのか、日常としてみるのか。多様な視点が介護には求められます。私なりの考えを私の経験則としてまとめました。

介護施設でハロウィンはあり?年間行事は見直すべきだ!

10/31はハロウィンです。介護施設でハロウィンという行事ってどうなんでしょうか?利用者に馴染みのある行事ではないですが…。介護施設には年間行事というものがあります。そろそろ見直しても良いように思いますが実態はどうなんでしょうか?

事故のない生活はない!NO RISK, NO LIFE!【介護漫才】

介護漫才です!「ハインリッヒの法則とドミノ理論」がテーマです。事故防止の有効な方法にヒヤリハットがありますが、それ以前のドミノ理論に基づいた事故防止活動も重要です。とはいえ、NO RISK, NO LIFE!です。

【医療モデルと生活モデルの違い】介護の専門性は星の数ほどある!

介護には医療的アプローチも必要ですが、やはり介護的アプローチで勝負したいところです。「医療モデル」と「生活モデル」の違いを知って、介護士のやるべきことをしっかりと押さえておきましょう!介護の専門性についての私なりの答えをまとめました。

身体拘束ゼロにしてみる取り組みと忘れちゃいけない生活の視点

クローズアップ現代+で取り上げられたテーマ「身体拘束」。今に始まったことではなく介護現場ではずっと悩み多き課題の一つです。20年間の経験のなかで感じてきたことと、そのなかで得た身体拘束ゼロの取り組みの視点を記事にしました。

台風!大雪!デイサービス休業の判断基準は?警報が出たら休むべき!

デイサービスは台風や大雪の際、どの程度であれば休業すべきでしょうか?警報が出たら休んでもいいのか?その考え方についてまとめています。

【自分のため⇔誰かのため】つながる二つの思考で介護する!

自分を大切にする生き方が主流となっています。そのこと自体はいいことですが、極端な思考になっているとしたら黄信号です。「自分のため」「誰かのため」の両軸の思考をバランスよく保つことが必要です。Mr.Children「タガタメ」を通じてこのことを考え記事…

自己中心的な人に振り回されずに「不平等社会」を良くする方法!

介護現場で自己中心的でわがままな利用者さんっておられますよね?そんなとき職員は冷静になって状況を見つめなおしましょう。意外とどんな「社会」もそんなものであると捉えることで「社会」は変わり得ます。さらに「社会」を良くしたいのなら、小さな「特…

プロは介護を怖がっている!デイの送迎業務から考えるプロ意識

フットワークよくどんな介護もやってしまうのが介護のプロなのか?…違います!本当の介護のプロは介護を怖がっています。特に怖がるべきはデイの送迎業務です。デイの送迎業務から介護のプロ意識について考えてみました。

介護現場の辛い人間関係を改善する方法『相手の事情を考えよう!』

今井大輔さんの「古都こと」という漫画があります。男と女の二つの視点で同じ時間軸で進んでいく二つのストーリー。相手の事情がよく見えてきます。相手の事情を考えるには最適のこの漫画を介護現場の人間関係の改善に生かしてみましょう!

性格がきつい人をパワハラとせずに職場環境を良くする唯一の方法

介護現場にも性格のきつい人はいます。その人に追い込まれていく人もいます。あなたならどちらを救いますか?どちらも救える方法を記事にしました。

【在宅介護】訪問・通い・宿泊?あなたの専門性が発揮できるのはどの介護?

事業形態によって全く異なる介護の仕事。その専門性も多様です。「介護×物語×舞台」をテーマにして、在宅介護の「訪問・通い・宿泊」の3つの偉業の介護についての専門性をまとめました。

【介護女子】結婚・妊娠・出産した時に知っておくべき法令と転職のこと

女性が介護の仕事を続けていくにあたっては、会社が女性の権利を守っていることが大切ですが、労働者がどれだけ女性の就労制限等についての制度理解があるかも大切なことです。自分で自分の身を守るようにもしておかなければいけない時代です。主に出産・育…

読むのが苦手な人もこれで大丈夫!膨大な介護の情報量を共有する方法!

文章を読むことが苦手な私が、介護現場の情報量の多さに嫌気がさしていることから、情報共有の工夫の必要性を常々考えてきました。これまでの経験をもとに介護現場での情報のあり方についてまとめています。

正論は嫌われる!頭のいい人がとぼける技術で問題解決する方法

シェイクスピアの名言から賢く問題解決する方法を導き出しました。それは「とぼける」ということ。認知症ケアにも自然と使われるこの技術はチームマネジメントの有効です。ついでに正論で正面突破することが何故いけないのかについてもまとめています。

ファシリテーターを上回る書記の存在で決戦の会議を手玉に取る方法

介護現場の会議って進めるの大変ですよね(^_^;)そもそもファシリテーターって難しいんです。ファシリテーションが大切なことは言うまでもないのですが、ここはいったん書記の力を使ってみましょう!書記の有効活用について書いています。

リスクを背負わないファーストペンギンの力で介護現場を変えよう!

介護業界・介護現場を変えるためにはファーストペンギンの存在が欠かせません。本来リスクを背負うファーストペンギンですが、介護現場の変革においてはリスクは最小限にする環境作りが必要不可欠です!

【離職防止】「なあなあ」と「ガチガチ」が共存できる人間関係を良くする方法

介護現場はチーム内でよく派閥が生まれます。簡単に言えば「なあなあ思考」と「ガチガチ思考」。よくぶつかり合ってしまうわけですが、こうしたことが人間関係の問題に影響し、離職へとつながりがちです。二つの視点でチーム形成の方法についてまとめます。

【コンプライアンス】吉本興業お家騒動に学ぶ介護ファーストの組織改革

吉本興業のお家騒動。皆様の所属する組織を見つめなおしたとき大なり小なり同じようなことが起きていませんか?これを機に、介護施設の膿も出し切り、介護ファーストの組織改革に乗り出してみましょう!

【コンプライアンス】介護保険の法体系を制する者は全てを制する!

介護事業者のコンプライアンス。一番身近な介護保険制度の法体系を理解し、まず何を見ればよいかが分かるようになると、法令に興味を持てるようになると思います。介護事業者のコンプライアンスの実態についても理解しておきましょう。

スポンサーリンク

ーおすすめ記事その2ー