すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

読書嫌いでもイチローのようになれる!【勉強嫌いな介護士へ】


f:id:YO-PRINCE:20181128105737j:image

どうも、YO-PRINCE です。

 

イチロー選手は本を読まないらしいですが、僕も本読むの嫌いなんです。

 

以前にも書いた“めんどくさがり”が間違いなく影響してまして。。。

 

 

 

とりあえず自分が本を読まない理由を書いてみます。

 

イチロー選手と言ってることがほぼ一緒なら、僕は介護界のイチローになれる可能性が高くなるということでご理解くださいm(_ _)m

 

 

私が本を読まない理由

まずはめんどくさい

 

難しいのが苦手というのもあります。

 

読んでても頭に入っていかないし、情報なんかはネットで調べたら得られる時代だし、それに自分自身がいろんな物事に対して考える力を持っていれば、だいたいのことは答えが出せるように感じています。

 

それに本で得た情報より自分が導き出した答えのほうが説得力があると感じる。

 

どうあれ読んでも頭に入っていかないというのが僕の場合致命的で、無理して本を読むよりかは自分なりのやり方で情報を得る(得るというより導き出す)ほうが楽というのがあります。

 

とはいえ、それでは情報が偏りかねないのでちょっと自信のない結論を持った場合は、その部分だけ本を読んだりします。

 

読むといっても、そのことが書いてある本を買って、そのことが書いてある部分を確認する程度。

 

ほんとネットで調べる程度の感覚です。

 

ちなみに得た情報または導き出した情報について基本的に信じ切ってなくて自身のない状態でいるので、それほど考えが偏るようなことがない。

 

その分日々めちゃくちゃ悩み考えてしまう。

 

それが苦ではないから大丈夫なんですけどね。。。

 

なんなら楽しいぐらいで(^_^;)

 

考えるのが趣味のようになっている。

 

だからブログを書くことは自分にとって合っているのかなとも思っています。

 

本を読まないからこそできること

 

まぁそんな感じで、とにかく頭に入っていかないので本を読まないというより読めないと言ったほうが正しいですね・・・。

 

正直本を読むことができるほうがよいだろうし、読める人がうらやましくも思ったりします。

 

もともと理系の脳みそでひらめきで生きてきた人なので、一つの事柄から考えを膨らませていくことは得意。

 

人間だれしも得手不得手がある。

 

得意なことで自分を伸ばしていく道を選んでいったわけです。

 

本を読めなければ、自分には他の人以上に想像し創造する力があると割り切って、そんな生き方しかできないと今日まで生きてきました。

 

そのおかげで想像力創造力は鍛えられた!

 

介護の仕事に欠かせない力です。

 

利用者さんの思いを想像し、生活を想像し、何が課題なのかを想像し、それを確認する方法を想像し、ケアの方法を創造していく。

 

そして、人的環境、物的環境、その利用者さんにとって生活がよくなるためのあらゆる視点からの環境を創造していくわけです。

 

それらはほとんどの場合本には書いていないこと。

 

本を読むことに時間を費やすのではなく、考えるということに時間を費やしてことで育てられた力なのだろうと感じています。

 

本を読まないことで損すること

 

正直なところ語彙力は弱いなと思います。

 

それに知識の蓄積という意味でも弱いな…と。

 

でも、仕方ないんです。

 

なぜか本を読むことが苦痛なので・・・。

 

何度か努力してみたけどできなかった。

 

本を読む人と比べ、知識の量は不十分であるという自覚はあるので、自分なりにできる「かいつまんで読む」ということをしていたり、他の人に聞きまくるということはしています。

 

知らないことは聞けばいい!

 

恥ずかしがっていてもそれが自分だから聞けばいい。

 

そう考えるようにしているので、人とのコミュニケーションは全く苦ではありません。

 

そんな感じで、本を読めないことで損することについては他の方法で補うようにしています。

 

まとめ

こんな感じで本を読まない私ですが、まずは介護界のイチローはどう考えてもいき過ぎた話なので撤回します(^_^;)

 

僕は本を読めないことにずっとコンプレックスを感じていたのですが、わりきれるようになって自分の成長につながったと感じています。

 

そして、そうした自分の成長を生かして、本を読めずめんどくさがりな僕だからこそできることをしていきたいなと思っています。

 

介護業界には熱い思いだけで仕事をしている人もたくさんいると思います。

 

勉強が嫌いで母性だけで仕事をしているような人。

 

僕はそういう人の存在はやっぱりこの業界欠かせないなと思っています。

 

漫画「ヘルプマン!」の主人公、百太郎みたいな人ですね(^^)

 

実際あんな人そうそういないですけど・・・。

 

熱さだけのような人でもやっぱり勉強は必要なので、そんな人が学びを得られるように分かりやすく次世代の職員に介護のことを教えていければと思います。

 

そういう意味では、いろんなことと介護をコラボさせて話ができるということは勉強嫌いな介護士でも何か学びのきっかけになるかもしれないと思い、このブログを書いているわけです!

 

コツコツ1か月続けて、やっとこそ月間100PV(^_^;)

 

これからもそんな思いを持ち続け、コツコツブログ頑張ってみます!

 

 

ーおすすめ記事その2ー

 

スポンサーリンク