すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

介護は人生の最終章を彩る!

 

このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

自立と依存の関係性をネット依存から考える


f:id:YO-PRINCE:20181202122615j:image

どうも、YO-PRINCE です。

 

携帯電話が普及しはじめた頃、メールというものが出始めて、なんと便利なものかと思ったものです。

 

その前はポケベルでなんと便利なものかと。。。

 

今や屁みたいな存在になってしまい。。。

 

そんな屁みたいなツールでも僕らはそこに縛られて生きてたりしたもので、20ほど年前からそれらに依存してしまう人たちがいました。

 

その頃からネットへの依存具合には気をつけながら生きてきて、自分で修正をかけながら今日まで来たわけです。

 

誰しも依存しうるものだなと感じつつ、多少は依存してもよいものと思いつつ、どのぐらいの依存し具合がよいのか考えてみました。

 

 

 

メールからFacebookまでの間のネット依存度

まず、遡ってみると。。。

 

メールを始めたときは、ひどいときで仕事中以外はかなり縛られてたときがあったんちゃいますかね~。

 

返事がまだないなぁ~とか。

 

仕事上での同僚の相談も多かったもんです。

 

メール⇒ネット:現実=5:5

 

モバゲーをやってみたときは、はまりかけている自分に気づいて早めに止めました。

 

モバゲー⇒ネット:現実=6:4

 

FacebookやLINEやりはじめたときは、モバゲーのときに学習してたから心得ていたものの“いいね”や“コメント”、“既読”を待ってまうときがあって反応気になってる自分がありました。

 

LINEは仕事での相談ごとが多く、大変ではありましたが、役に立ってたのでまぁいいかなと思ってましたけど、縛られてしまってた時間はかなりだったかも。。。

 

Facebookは初めから月に2~3回の投稿って決めてました。

 

Facebook⇒ネット:現実=2:8

LINE⇒ネット:現実=7:3

 

ブログ&Twitterを始めた今

現実の世界でも気にしすぎてしまうところがあったので、自己分析のもとなんとかコントロールして今日まできて極めて現実寄りに生きていたところへ、今度はブログとTwitterに手を出しました。

 

最近ブログを副業にできないかと考え始めているところもあって、現時点での依存具合はちょっと上がってきてる!

 

ブログ&Twitter⇒ネット:現実=7:3

 

仕事として的な意識もあっちゃうから仕方ないんだろうけど、仕事以外の時間でスマホに向かっちゃう時間が明らか増えている。

 

入力する文字数もブログなら2000字ぐらいいっちゃいますし。。。

 

子を前にしながらも触ってまう時間も増えている(-_-;)

 

父親としては、これはあかんやつやと思いつつ、今もスマホに向かっている。

 

今の時代、ネットはうまく活用しながら生きていくことが必然となっているようですが、常にこのままでよいものかと自問自答の日々です。

 

親としては、この先子に対して言っていかないといけないことがある。

 

ゲームは一時間にしとけよ!

 

テレビばっか見たらあかんがな!

 

目悪なるで〰️😠

 

人のふり見て我がふり直せ。。。

 

突き刺さる〰️( ̄▽ ̄;)

 

親はええけど、子はあかんと言ってまうような父親にはなりとーない(゜゜;)

 

大人ってずるいとこあるんですよ。

 

それはもう仕方ないことなんかもしれんのですけど、僕はそうなりたくない。

 

自分に否があればちゃんと、謝れる大人でありたいし、子に背中を見て育ってほしいと思ってるので。。。

 

ネット依存度が高まっている今、自分に言い聞かせるようにしてこのブログを書いてます。

 

ちなみに介護の話をしますると・・・

依存で話をすると、人は皆どこかに依存しながら生きているということ。

 

100%自立なんて人はいない。

 

介護保険が始まって“自立支援”という言葉が出始めて、介護現場ではこんな光景が・・・

 

車イスをこげる人に『自分でせんとできんようなりますよ!』

 

利用者さんはものすごく頑張ってこいではるわけです。。。

 

本当にこれが介護なのか。。。

 

そう思いながら、『あそこまで押すんでそこからはいけますか?』ってな感じでやってたんですけど、そのほうが生き生きと車イスこいではるわけです。

 

車イスを自分でこぎたいと思えるような働きかけこそが“自立支援”だと声を大にして言いたかった。

 

でも、20年前はなかなか言えないものでした。

 

今はそうゆうことが言える世の中になってきた。

 

アクション起こすなら今やろなとも思うなかで、少し話は戻りますがブログやTwitterを始めたわけです。

 

ということで、介護における自立と依存の比率は・・・

 

適切な自立支援⇒自立:依存=?:?

 

人によってちゃいますから、書けませんわ。

 

まとめ

まぁ人は少なからず何かに依存しながら生きているわけで、介護していくうえでもそこは大切な視点なわけです。

 

そうした視点を自分にもちゃんと当てはめてみて考える。

 

特に私たちにとって“ネット”というものは依存性の高いものであり、常に意識しながらおらんとあかんかなと思てます。

 

まぁブログやTwitterも要領わかってきたんで、そこにかかる時間も短縮できそうです。

 

子達に『スマホばっかり見てたらあかんで』と言われないようブログ頑張ってみます!

 

スポンサーリンク