すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事ー

 

転機を迎えている介護業界が向き合うべき2つの課題


f:id:YO-PRINCE:20181227115736j:image

どうも、YO-PRINCE です。

 

ブログ始めてもうすぐ2ヶ月。

 

ブログのタイトルを変えました(^-^)

 

やろうとしてる方向性は変わらずですが、よりその方向性が伝わるようなタイトルにしたいなと思って、『すべての道は介護に通ず』としました。

 

このタイトルと悩んだもう1つが『すべての道は老婆に通ず』( ̄▽ ̄;)

 

インパクトこっちのほうが強いですが、なんかちょけた奴が書いてるとも思われたくないので、正当派のタイトルでいくことに決めたのです。

 

 

↑最初にブログのテーマについて書いた記事です。

 

このときとさほど考えていることは変わってないんですが、もうちょっと焦点をしぼって深く書いていくようなこともしていきたいなと思てます。

 

そういう意味でも『すべての道は介護に通ず』というタイトルのほうがなんとなく深みが増した気がするかなぁ~と(^^;

 

深みを増していくために今後どんなことを書いていこうかとぼんやりと考えてみました。

 

介護×ハラスメント

最近これについては僕もよくわからなくなってきてます(--;)

 

職員の利用者へのハラスメント。

 

これは絶対にだめですよね。。。

 

利用者の職員へのハラスメント。

 

これは少し前なら『職員が我慢するしかない』で片付けられていたような話でした。

 

まぁそれもおかしな話だったわけですが、そのおかしな部分に問題提起がなされる時代となってきています。

 

介護ハラスメントと呼ばれたりしています。

 

いろいろ調べていると、私の身の回りの体験では聞いたことがないような過剰な介護ハラスメントがあるようで。。。

 

今後介護現場で起こりうるさまざまなハラスメント問題に備え、まずは自分自身の考えを整理しておきたいなと思てます。

 

介護×キラキラ

介護はやりがいがある仕事!

 

こんなやりがいのある仕事はない!と、それだけで突き進んでしまうとキラキラ系介護士とか言われちゃいます。

 

言葉だけ聞くといいイメージですが、批判の対象としてあがることが多いのがキラキラ系介護士です。

 

これまで介護業界はそんな人たちで成り立ってきたのは確かだと思います。

 

介護士さんの自己犠牲で成り立ってきた側面がある。

 

そういうことが美化されがちな日本の文化にも原因があるような気がします。

 

キラキラ系介護士と呼ばれる人たちが今後の介護業界でどうなっていくのか、どうなっていくべきなのか、一度自分自身の考えを整理しておきたいなと思います。

 

根拠ある人材育成ができるように。

 

健全なチーム形成ができるように。

 

今後のブログ運営

今回あげた二つのテーマは、個人的にとても深いテーマだと思っています。

 

介護業界の今後を左右するような。

 

この二つの“道”があまりに偏りが出てくるようなことがあればそれは危険なことのようにも感じています。

 

この二つの“道”をちゃんと整理しておかないとなぁと思っているわけです。

 

私たちの仕事は感情労働と言われています。

 

感情労働とは、顧客の満足のために自分の感情をコントロールすることを職務とする、精神と感情の協調が必要な労働のことです。

 

私たちの議論もまた感情で左右されないように気を付けないとなって思います。

 

感情抜きでやっちゃうとどっちつかずのよくわからん結論になりがちですけどね。。。

 

難しいとは思いますが、近に2つの“道”にまつわる深みのある記事を書いてみたいなと思います。

 

というわけで、ブログタイトルを『すべての道は介護に通ず』に変えたことをきっかけに、もうちょっと深みのあるブログにしていきたいという記事でした。

 

今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

スポンサーリンク