すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護といろんなものをコラボさせて介護への興味関心を広げていこうとゆうチャレンジブログです。難しいことは抜きにして、色とりどりな内容で介護業界を盛り上げていきたいと思います!そして、自身の思考を広げ、読んでくださった皆様に役立つ情報が発信できることを目指しています!

介護に必要な想像力が育つ漫画5選


f:id:YO-PRINCE:20190127213546j:image

どうも、YO-PRINCE です。

 

介護という仕事は、映画、本、芸術など、いろんなことから何かを感じ、思考を広げ、介護に生かせていけることが多々あります。

 

読書は一番手っ取り早いツールと思うのですが、私としては以前書かせてもらったとおり読書が苦手。。。

 

ですが、漫画はそこそこ好きで、気に入った漫画はサクサク読めます!

 

特に、ブラックジャックやどろろなど、手塚治虫先生の作品は大好きです。

 

それらの作品は別格ですので、今回は手塚治虫先生以外の作品で極めて介護に通ずる作品をご紹介します。

 

【目次】

 

きらきらひかる

きらきらひかる(1) (モーニングコミックス)

きらきらひかる(1) (モーニングコミックス)

 

郷田マモラ作の漫画で、もう20年ほど前にドラマ化もされた作品です。

 

監察医天野ひかるが、遺体を調べ死因を究明していくというストーリー。

 

例えば自殺と思われた遺体を調べ、少しでもおかしなことに気づいたら、トコトン調べて、事故死であったことを突き詰めていくんです。

 

遺体の声を聞く・・・。

 

介護の仕事は、思いを知るという意味では、遺体の声を聞くことに比べれば楽勝です。

 

天野ひかるのように、トコトン納得いくまで調べてみると面白いと思いますよ。

 

利用者さんは寝たきりの方であってもたくさんサインを出されているのだから。。。

 

ちなみに郷田マモラ氏は強制わいせつ罪で逮捕歴があります。

 

真相はわかりませんが、本当にいい作品だけに残念です。。。

 

作品は別だという方は読んでみてください。

 

古都こと-ユキチのこと-

古都こと―ユキチのこと― 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

古都こと―ユキチのこと― 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

これは京都を舞台にした青春ラブストーリーですね!

 

不器用な男の子のその時々の思いが綴られており、主人公の心情がよく描かれています。

 

これだけを読んでも面白いんですが、これだけで終わらないのがこの漫画のスゴいところで、何よりその実験的な切り口こそが、介護にも必要と感じるところなのです。

 

古都こと-チヒロのこと-

古都こと―チヒロのこと― : 1 (アクションコミックス)

古都こと―チヒロのこと― : 1 (アクションコミックス)

 

タイトルはこちらも『古都こと』です。

 

もうお分かりかもしれませんが、この漫画はユキチとチヒロのラブストーリーで、同じ時間軸で進んでいくんです!

 

ユキチがこう思っているとき、チヒロはこう思っていた!

 

それぞれの視点から描かれているわけです。

 

介護でこんな漫画あったら面白いかもですよ。

 

利用者さんがこう思っているだろうから、介護士はこうしたら、実は利用者さんはこう思っていた・・・みたいな。

 

読み方としては、同じ時間軸で1話ずつ交互に読むことをオススメします!

 

走馬灯株式会社

走馬灯株式会社 : 1 (アクションコミックス)

走馬灯株式会社 : 1 (アクションコミックス)

 

オムニバス形式の漫画です。

 

主人公の前に、その人にしか見えない走馬灯株式会社が突然現れる!

 

そこは、自分の生まれてからの人生がビデオで見られる場所。

 

人の記憶というものはあいまいなもの。

 

記憶は書き換えられてしまうこともあるんです(これについてはまた記事に書いてみます)。

 

忘れてしまっていた記憶がよみがえったり、自分には見えていなかったものが見えてしまったりもします。

 

介護はその人の人生を知らずしてできない側面があるので、かなり介護と通ずるところのある漫画ですね。

 

ちなみにこの漫画はオムニバスといっても、全体を通してつながっていたりして、最後は衝撃のラスト!

 

面白いですよ!

 

イキガミ

イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)

イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)

 

この漫画は映画化されましたね。

 

国家繁栄維持法という法律のもと、生まれて全員に1000分の一の人が18歳から24歳の間に死ぬという注射をされ、死亡予定の24時間前に『逝紙(イキガミ)』という死亡予告書が届けられる。

 

オムニバス形式で、その24時間を描いていく作品です。

 

生命の価値を考えさせられる作品なのです。

 

介護においてもQOD(Quality Of Death)という言葉が使われることがありますが、最期のときをどう過ごすかを考えることがその人の人生の質を左右しうるんです。

 

そのことが24時間に凝縮しているのです。

 

漫画とはいえ、ありえない設定とはいえ、深く命について考えることができると思います。

 

番外編:ヘルプマン!

ヘルプマン!(1) (イブニングコミックス)

ヘルプマン!(1) (イブニングコミックス)

 

これは介護士さんなら知ってる方も多い介護漫画ですね。

 

介護そのものの漫画なのでタメになります。

 

ザ・キラキラ系介護士が主人公で、キラキラ系を後押しする漫画かと思ったらそうでもないところも面白い!

 

まとめ

介護に通ずる漫画5選、いかがでしたか?

 

介護の本当の面白さを知っている方は、きっと面白いと思ってもらえると思いますし、そうでない方も読むことで介護の見方を変えることができるかも!?

 

まぁ、あくまで主観なので参考にしてみてください!

 

また、それぞれの漫画とコラボした記事が書けそうなら書いてみます!

スポンサーリンク