すべての道は介護に通ず【CARE❌all things】

介護といろんなものをコラボさせて介護への興味関心を広げていこうとゆうチャレンジブログです。難しいことは抜きにして、色とりどりな内容で介護業界を盛り上げていきたいと思います!そして、自身の思考を広げ、読んでくださった皆様に役立つ情報が発信できることを目指しています!

なんちゃって園芸療法でみんな豊かに!


f:id:YO-PRINCE:20190310210950j:image

どうも、YO-PRINCEです。

 

今日はサクランボの木を植えました(^_^)

 

『わたしの道は介護に通ず』ということで、そんな話から介護につなげていきたいと思います。

 

【目次】

 

サクランボを植えたきっかけ

妻が買ってきたからです(^^;

 

私の妻は大きな木がある家に住みたいというのが夢で、私はさほど興味もなくて。。。

 

知らぬうちに庭には木が4本に増えています(^^;

 

桜、もみじ、ハナミズキ・・・そしてサクランボ。

 

いずれも妻の希望に『別にええよ』てな感じで木が増えていってます(^^;

 

まぁ良いことなのでいいんですけど、植えるにしてもちゃんと育てようと思えば大変なんじゃないかと考えてしまうので、正直めんどくさいなと思ってしまうのです(;´д`)

 

そんな感じだったのが、徐々にまんざらでもない感じになってる自分もいて。。。

 

不思議なものです、人間って。

 

私がサクランボの木を植えることはもともとの私らしさではないんですけど、私たち夫婦らしい形でサクランボが植えられることになったことは、私たちらしい出来事だったのです。

 

私たちらしさについては以前こんな記事を書いていますのでご覧になってください⬇️

 

このらしさの話は介護に通ずるところですね。

 

素人が植えるサクランボ

私たちが植えたのは暖地サクランボという品種。

 

f:id:YO-PRINCE:20190310190028j:plain

 

育てやすいサクランボではあるんですけど少し酸っぱいらしいです。

 

普段私たちが食べているおいしいサクランボは別の品種でやっぱり育てるのは難しいらしい(^^;

 

ちょっと豆知識をお伝えしたところでどのように植えたかを書きます。

 

まず必要なのが赤玉土(鹿沼土)とバーク堆肥。

 

しっかり妻が用意してました(^^;

 

私は植えるだけです(--;)


f:id:YO-PRINCE:20190310145529j:image


f:id:YO-PRINCE:20190310145553j:image

 

大きめに掘るけど深くは掘るなと書いてある。

 

鹿沼土:バーク堆肥=6:4がちょうどよい比率。

 

そう書いてある。

 

そのとおりするだけ・・・簡単ですね(^_^)

 

 

f:id:YO-PRINCE:20190310190213j:plain

 

最後に妻の言うとおり、乾いた草をかぶせる。

 

土を湿らせるためと、栄養にもなるとのことです。

 

 

f:id:YO-PRINCE:20190310190253j:plain


サクランボが生る日が楽しみです🍒

 

日常を介護に生かす

こういう私たちの日常は利用者さんとの関係作りに役立つものです。

 

利用者さんとの関係作りは、利用者さんのことを知ることと自分を知ってもらうこと。

 

自分のことを知ってもらうにあたって、利用者さんのこれまでの生活に通ずる体験があれば共感を得やすいものです。

 

特に園芸は利用者さんの世代には共感を得やすい。

 

もちろん利用者さんとの関係づくりのために無理矢理嫌なことを始める必要はなくて、私のサクランボも妻が植えたいと言っただけのこと(^^;

 

それをちょっと手伝っただけのこと。

 

そんな程度の園芸でも、利用者さんに話せば確実に話は盛り上がり関係作りにつながります。

 

さらには利用者さんが生き生きと園芸のことを話し始めてくれるでしょう!

 

それに関係作りの土台は介護がしやすくもなります。

 

無理矢理利用者さんとの関係作りのために嫌なことしなくてもいいとは書きましたが、関係作りのために嫌なことでもやってみるということは私ならやります。

 

やってみると意外と楽しいことなんて人生いくらでもありますから。

 

きっかけなんてどうだっていいんです!

 

嫌々がスタートでもやっていくうちに楽しくなったりもしますし、自身の日常が豊かになり、介護の仕事のうえでも豊かになれば言うことないですよね!

 

植えたサクランボの話は今回のことだけで終わりません。

 

やがて実がなれば実が生った話。

その実を食べたら味の話。

木が大きくなってきたら剪定の話。

 

これからも続きます。

 

日常の面でも仕事の面でも豊かになることが続くはずです。

 

園芸療法は身近なもの

 

以前にこんなツイートに出会って、園芸療法というものを身近に感じるようになっていた私。

 

草花を見て楽しむだけでもいい。

 

私のようになんちゃって園芸でも園芸療法だと言っててもいいんじゃないかなと思ってます。

 

こんな感じで仕方なくサクランボ植えて、ブログに書けそうな気になって、写真撮りながらやってたらなんか知らんけど楽しんでる自分がいたなんてことでも、元気になれる人がいるならそれでいい。

 

そうやって園芸に限らず自分の世界が広がって、介護の幅も広がっていくのです。

 

まとめ

私は園芸には全く興味のない人間でした。

 

それが少しずつ自分のなかに変化が出てきて。。。

 

園芸を楽しめることが少しずつ増えてきている。。。

 

ちなみに、私の妻は園芸療法のことを学びはじめました。

 

これは何かが動き始めようとしているサインではないかとも感じます。

 

妻から何か学べることもあるかもですし!

 

そうすれば私の園芸への興味もさらに高まっていくかもしれません。

 

これからの自分の世界の広がりを楽しめればいいなと思いますし、介護の幅も広げていきたいと思います!

 

この記事を読んでサクランボ植えてみようと思う人がいればぜひやってみてください!

 

平和 超硬質鹿沼土 中粒 14リットル

平和 超硬質鹿沼土 中粒 14リットル

 

 

アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20L

アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20L

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク