すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

ーおすすめ記事その1ー

 

【敬老の日のプレゼント】贈り物に悩まれたら「福」を贈ろう!

f:id:YO-PRINCE:20190915184055j:image

どうも、YO-PRINCEです。

2019年9月16日(月)は敬老の日ですね。

おじいちゃんおばあちゃんにどんなプレゼントをしたら喜ばれるのでしょうか?

そもそも敬老の日って何歳からが対象なんですか?

自分の親がもうおばあちゃんになったので敬老の日は何かした方いいですか?

まずは敬老の日のことをちゃんと知ってから何をあげたらよいのかをちょっと考えてみたいと思います。

もう明日で敬老の日は終っちゃいますが、「忘れてた!」って人は参考にしてもらえたらと思います。

敬老の日とは?

敬老の日とは「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

これは国民の祝日に関する法律第2条に書かれています。

以前は9月15日が敬老の日と定められていましたが、平成15年のハッピーマンデー制度導入によって、「9月第3月曜日」となっています。

そんな敬老の日ですが、実はその前は「老人の日」だったことはあまり知られていないと思います。

1963年の老人福祉法で9月15日を「老人の日」、9月15日~21日を「老人週間」と定められたことが「敬老の日」の始まりです。

その後、1966年に前述の国民の祝日に関する法律の改正によって「敬老の日」が追加され、それに合わせて老人福祉法も「老人の日」から「敬老の日」に改められました。

ちなみに、この「敬老の日」のきっかけとなった村があります。

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)です。

当時の村長・門脇政夫氏が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という趣旨で1947年9月15日に村主催の「敬老会」を主催したことが「敬老の日」の日の始まりなのです!

最初はこの村の祝日として「としよりの日」とされていたそうですよ!

敬老の日に何をする?

敬老の日は長寿を祝う日です。

お祝いとして何かプレゼントをするわけですが、誰からするんでしょうか?

おばあちゃんおじいちゃんだから孫からするものなんでしょうか?

誰からお祝いをするのか?

一般的には孫から贈り物をすることが多いようですが、「老人を敬愛し長寿を祝う日」なので、お父さんお母さんからもお祝いをすることもあります。

各市町村では、地区・自治会毎に敬老会が開催されたり、介護施設や病院等でも敬老祝賀会が開催されます。

施設の優待利用なんかを企画されている市町村もあるようですね。

皆で長寿を祝おうという空気があると素敵ですね!

何歳からお祝をするのか?

何歳から敬老の日の対象なのかということはどこにも書いてありません。

法令では65歳からを高齢者としていることから、65歳を一つの目安にしたらよいんですけど、最近の65歳は若いです・・・。

たぶん「敬老の日」のお祝いをしようものなら・・・

年寄り扱いするな!

・・・と怒られちゃいそうです(^_^;)

なので、孫からお祝いをするのが一般的なようですね。

あとは「年寄り扱いだ」と怒られない程度の年からお祝いすればいいのかな?と思います。

敬老の日のお祝いはこれで決まり!

さて、何をプレゼントするかですが、介護施設に入居中のおじいちゃんおばあちゃんを想定して考えたいと思います。

まず参考までに介護施設で多い「敬老の日」の子や孫からのお祝いを紹介します!

圧倒的に「花」が贈られてくることが多いですね!

ただし、「花」の場合、水やり等の管理の問題が出てくるので、介護施設に入居中の親や祖父母に贈られる場合は職員さんに相談されてもよいかもしれません。

管理の問題が特にないようであれば、「花」は喜ばれると思います。

あとは、食べ物も喜ばれると思いますが、これこそ管理の問題があるので施設に相談された方がよいと思います。

何にせよ介護施設の場合は管理の問題がつきまとうということですね。

介護施設に入居中のお祝いなら「福」を贈ろう!

そんななか、一番無難なのが「服」です!

個人的には「服」が一番おススメですね!

これも念のため施設に相談された方がよいと思います。

服のサイズや足りていない服、どんな服がよいか等を確認してみてください。

できることなら介護する側にも喜ばれるものの方がいいと思います。

介助が必要な場合は、着脱しにくい服より着脱しやすい服のほうが職員に喜ばれますし、職員が楽できるということは職員に余裕ができていいケアが提供されることにつながるかもしれないからです。

ふだん着る服がそろっているなら、ちょっと外出する用の服を贈られてもいいかもしれません。

施設の場合、家族が用意されているのはたいがいが普段着でしょうから。

そして、プレゼントが届いたら職員はこう言うのです!

『福』を届けてくれたんですね!

誤嚥防止にはこんなコップがオススメ!

お茶を飲むときって、コップの中身が少なくなってくるとアゴをあげた姿勢になって危ないんですよね。

アゴをあげるということは気道確保と同じ姿勢になってしまうので、誤嚥しやすいといわれているからです。

なので、出来る限りアゴをあげずにコップのお茶を飲み干すことができるものがあれば便利ですよね。

そんなコップがあれば、おじいちゃんおばあちゃんの誤嚥性肺炎を防ぐことができるかもしれません。

そんなコップがこちらです↓

 こちらは、メーカー生産終了になっているようですが、まだ在庫があれば・・・

ほのぼの湯のみ  しま

ほのぼの湯のみ しま

 

コップのなかが「V」の形になっていて、コップを少し傾けるだけで口の中に流れやすい構造になっています。

対象者によってはおススメの贈り物かなと思いますよ!

まとめ

敬老の日の贈り物はなかなか悩みますよね・・・。

毎年のこととなるとなおさらのことです。

実際はなかなか敬老の日のお祝いというのはできないもので、こう言われる方の方が実は多いです。

うちは何にもしてくれへんわ・・・。

贈られていない家族さんの方が多いので、それほど悩まられなくてもよいかと思います(^_^;)

もし敬老の日の贈り物をまだ悩まれているようでしたら、この記事に書いたことを参考にしてください。

家におられるおじいちゃんおばあちゃんや、まだまだ身体が元気な方ならどこかに連れて行ってあげるのも喜ばれると思います。

どんなプレゼントも要は気持ちですね!

 

プレゼントできっと居場所を感じてもらえるはずです!

というわけで「居場所」についての記事もご覧になってください↓

 

 

ーおすすめ記事その2ー

 

スポンサーリンク