すべての道は介護に通ず【暮らしかるモダンなブログ】

介護は人生の最終章を彩る!このブログは、介護にまつわるいろんな悩みを様々な切り口で捉えて解決に導く『介護の道しるべ』ブログです!

    ☞このブログは、介護にまつわる悩みを様々な切り口から解決に導く『道しるべブログ』です!

f:id:YO-PRINCE:20190630173329p:plain

 

『カイゴのヒントをお届けします!』

☟『介護漫才』『介護×〇〇』で楽しく学ぶ!
☟カイゴのヒントを集めたカテゴリはこちら

 

『不適切ケア』は工夫で改善!事例検討で介護の質を高めよう!

f:id:YO-PRINCE:20201002225517j:image

どうも、ヨウ-P(@s_y_prince)ことYO-PRINCEです!
いろんな切り口からカイゴのヒントをお届けしています!

今回の記事は、『不適切ケアの事例検討』で介護漫才をお届けします。

ではYO-PRINCEのお二人!はりきってどうぞ~!!

高齢者虐待とは?不適切ケアとは??

どうも~、YO-PRINCEです~!

オレな…、もしかしたら高齢者虐待してもおてるかもしれんねん(-_-;)

マ、マジかいな…。
何をしてしもてん(; ・`д・´)

利用者さんの鼻をつまんでしもてん…。

え…?
なんで??

鼻をつまみたい病やねん。

なんやねん、それ(-_-;)
聞いたことないぞ…。

1.2億人に2人がかかってんねん。

日本でほぼ2人しかおらんがな( ̄▽ ̄;)

もう1人も介護の仕事してんねんけど、そいつは家族から苦情出たらしいわ。

そら、そうなるやろ(-_-;)
ほんでオマエは大丈夫やったんかいな?

オレはな、先にオレの鼻をつまんでもろてから「そしたら僕も鼻をつまませてください」と断り入れて鼻をつまんでるから大丈夫やねん。

律儀な自己防衛策( ̄▽ ̄;)

つまむ前後は手指消毒してるしなぁ。

完璧な感染予防策( ̄▽ ̄;)

ここまでしてたら虐待にはならん思てんねんけど…
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そんなにブルブルすんのやったらせんでええがな(-_-;)

アカン…!
オマエの鼻でええからつまませてくれ((( ;゚Д゚)))

おい!
アカンやろ!
禁断症状出てもおてるがな(;´Д`)

ハッ…( ̄▽ ̄;)
忘れてた…。
シュッシュッ!

手指消毒してたらエエとかちゃうねん!

…ほんで、どう思う??
やっぱこれ、虐待になってまうか??

まぁ虐待にはならんのちゃうか( ̄▽ ̄;)
高齢者虐待には5つの種類があんねん。
「身体的虐待」「心理的虐待」「性的虐待」「経済的虐待」「介護・世話の放棄・放任」…。

オレのやってること、完全に性的虐待やんけ
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

どこがやねん!?

鼻のやわらかさをオッパイやと思てんねん( ̄▽ ̄;)

……(-_-;)
それは不適切ケアやな…。

不適切ケア??

不適切ケアというのは、虐待にはならんくても放っておいたら虐待になるような行為で、止めといたほうがいい不適切なケアのことやねん。
虐待のグレーゾーンっていう領域のケアがあって、それよりは下ってイメージで、「虐待の芽」って言われることもあんねん。
f:id:YO-PRINCE:20201002213633p:plain

不適切ケアを工夫で改善しよう!

ほな、オレの鼻つまみは不適切ケアってことになんの??

鼻をオッパイやと思てもおてるからなぁ(-_-;)
不適切ケアというより…、かなりグレーやろな!

そ、そやな…(;´д`)
やとしたらな、オレ他にも結構不適切ケアしてもおてるかもしれんねん…!
ちょっとオレのケア大丈夫かどうかチェックしてくれんやろか?

かまへんけど、どんなことしてんねん?

「ちょっと待って」と利用者を待たせる

忙しいときにな、『ちょっと待って!』って言うてまうねん(;´Д`)

あ~、それな…。
介護現場ではよくあるやつやな…(^^;)
まぁ、ちょっとぐらい仕方ないんちゃうの??

それが…ちょっとでもないねん…。

どんだけ待たすねん??

1時間…(-_-;)

それはアカンやろ!?
その間、何しててん!?

他の利用者の鼻つまんでてん…。

どんだけ鼻つまんでんねん(-_-メ)

手指消毒はしたんやで…(^^;)

そういう問題ちゃうねん!
まぁ、「ちょっと待って」を言うてまうこと自体は仕方ないと思うねん。
やっぱり待たせる以上は用が済んだら早めに対応せなあかんし、言い方の工夫はしたほうがええやろな~。

どんな工夫をすんねん??

例えば、待ってもらう時間をだいたいで伝えとくとかやな~。
「3分ぐらいで戻ってくるんで、ちょっと待っててもらえますか?」とかな。

なるほどな!
どのぐらいで来てくれるかを聞いてたら確かに安心やな!
「もらえますか?」って言い回しもええなぁ~!

ちょっとした言い回しで相手がとる印象って変わってくるからな~。

子ども扱いをする

あとな、子ども扱いしたような声かけしてまうねん…(;^ω^)

それはアウトやろ…(-_-;)
どんな声かけしてんねん?

「あ~んして~」とか…。

あ~、食事介助で言うてまうよな~(^^;)

あと、「チュ~して~」とか…。

……(-_-;)
それ…誰に言うねん!?

初恋のおばあちゃんに…。

先生と生徒の関係を超えた禁断の恋(; ・`д・´)

全米が泣いた…。

泣くか(-ω-)/

まぁ、それは冗談としてな…(^^;)
「あ~んして~」は言ってまうやんか!?
食事介助でなかなか口開けてくれへん利用者とかやったら、こっちの口が自然と「あ~ん」になってくんねん!
それに、こっちが口開けたら結構開けてくれることってあるやんか~(;^ω^)

いや~、「あ~んして~」は仕方ないんとちゃうかな~!?
こうゆうのはな、「不適切ケアかもしれんな…」って立ち止まることが大事やと思うねん!
子ども扱いみたいになってるかも…って思えてたら、それはもう不適切ではないと思うねんな。
いろいろ試した結果、「あ~んして~」がうまくいくなら、それでええんとちゃう??

そやけどさぁ…、「あ~んして~」ってそこまでアカンことなん??

子ども扱いしてる感じ丸出しやからな…(-_-;)

こないだ、オマエ…彼女に「あ~んして」してもらってたがな(-_-メ)
赤ちゃんのように振る舞ってめちゃくちゃ喜んでたアレは何やってん??

あ、あれは…
そうゆうプレイやがな…(; ・`д・´)

…(-_-;)

い、いやな…ちゃうねん(;´・ω・)
アレはな…。

オレもしたいねん(;゚Д゚)
「あ~んして」してほしいねん!
あんなんやったらなんぼでも子どもみたいになりたいやんか(;´Д`)
誰か~、オレにも「あ~んして」してくれや~(;゚Д゚)

あ~ん💛

不適切な「あ~ん」やめんかい( ;`Д´)

おい!
おじさんに対する不適切発言やぞ(; ・`д・´)

こんなオッサンが「あ~ん」を求めてること自体が不適切である。

なんやと~オッサン(#`皿´)

まぁまぁ~いったん落ち着こかいな(^^;
子ども扱いのような言い方は本人がよかったらええんかもしれんけど、第三者から見て不適切かどうかいう視点は大事かもしれんわな。

…やとしたら、どうすんねん!?

なかなか口開かん人ってスプーンを口に運ぶスピードとかタイミングで開けてくれることあんねん。
あと、右側から介助するか左側から介助するとか、スプーンを運ぶ方角でも反応が違うことあるしな~。

なるほどな!
「あ~んして」が不適切かもしれんと思ってたら工夫するから、そういう代替ケアが生まれるわけやな!

そういうことやな!

「さっきトイレ行ったばっかりですよ!」

最後にな、これが一番困ってんねん…(;´・ω・)
何回もトイレ行く人に「さっき行ったばっかりですやん!」って言うてまうんですわ…(-_-;)

それな…(^^;)
頻尿の人はホンマに何回でも行きたいからな…。
残念ながら、その対応は不適切ケアになってまうなぁ(;´∀`)

こんなもん不適切ケアって言われてもどうしようもあらへんがな(;´∀`)

癖みたいにちょうど5分おきに言いはる人おるもんな(-_-;)

スヌーズ機能(; ・`д・´)

ほんで頼みやすい職員やったら顔見たら「トイレ」って言いはんねんなぁ(-_-;)

顔認証システム(; ・`д・´)

そんなもん下手したら無視してまうからな~(-_-;)

既読スルー(; ・`д・´)

お、おい…( 一一)
何故がゆえにスマホの機能あるあるみたいなツッコミ入れてくんねん(-_-;)

スマホみたいな便利な対応の仕方があったらええなぁ思て( ̄з ̄)

そんなもんないねん(-_-;)

股にスマホ当てたらオシッコ行かんでええアプリとかないんけ?

そんな不適切なアプリないねん( ̄▽ ̄;)

ほんならどうしたらええねん!?

頻尿はスヌーズ機能みたいなもんや思たら、ちょっと笑けてきてええんちゃう?
もうすぐトイレって言いはる…言いはるで~…
…そら言うてきた~(;'∀')
…みたいな感じで割り切っていくしか方法ないと思うねん!

あ~!
そうゆう割りきりはええかもしれんなぁ!

…おい!
なんでスマホ見てんねん(-_-;)

頻尿をスヌーズ機能で30分間我慢できるアプリ探してんねんφ(..)

あるか~(ー_ー)!!
もう、ええわ~\(--;)

まとめ

実は不適切ケアについての漫才は2回目です(-_-;)

www.yo-prince.net

今回は、「不適切ケアは工夫で適切なケアについて変えることができる」ということを事例を通して考えてみました。

この漫才で一番言いたいことが、不適切ケアを「不適切」と捉えることで、他の代替ケアを見つけることにつなげることができるということです。

何も代替ケアが見つからなくても、その行為が利用者の不穏につながりかねないことを知ることできるだけでも対応が変わってくることがあります。

割り切ることができるようになることがあるんです!

不適切ケアの多くは「分かっていながらやってしまう」ことが多いので、チームのなかで「あるある」話で盛り上がりながら、改善策を話し合うことができます

ぜひ、この漫才のようなやりとりで話し合いの機会を持ってみてください!

 

スポンサーリンク